マウンテンバイク

あさひの自転車ですが、色々なパターンの自転車があります。
今回はマウンテンバイクをピックアップします。

私も昔、マウンテンバイクがはやりだした頃というと
なんだか年がばれそうですが、乗っておりました。
車にキャリーを積んでキャンプに持っていったりしました。

今現在はどうなったかはご想像にお任せいたしまして、

ではマウンテンバイクと は山岳地帯などにおける急坂降下(ダウンヒル:DH)、
段差越えなどを含む広範囲の乗用に対応して、
軽量化並びに耐衝撃性、衝撃吸収、
走行性能および乗車姿勢の自由度等の向上を図った構造の自転車のこと。

などとありますが、今ではよく見かけるタイプですので、
これといって説明は不要かとおもいましたが、
以上のように載っておりました。

よくディスカウント店なんかで安く売られているものは、
デザインだけが似ていますが、マウンテンバイクもどきとも言いますよ。

また、マウンテンバイクが持つ無骨なスタイルだけを模倣して
実際には悪路走破するだけの耐久性を持ち合わせていないMTB似の自転車が
日本では流通している。このような自転車は『MTB類型車(通称:ルック車)』と呼ばれる。
MTB類型車は強度・ブレーキ性能・耐久性・重量等の様々な性能面で
MTBとは比較にならない程劣り、MTB類型車で山道を走行する事は危険であるので注意を要する。
MTB類型車でないかどうかはある程度自転車部品に対する知識があれば
使用されている駆動部品などで容易に識別できる。市街地で普通に見かける、
MTBのような形の自転車の大部分は、実はこのMTB類型車である。

ルック車ではタウンヒルなんかすると恐ろしいことになりますので、
あくまでも市街地でサイクリング程度と考えて間違いありません。