車道か歩道か

あさひの自転車などでも多くの自転車タイプがあるのですが、みなさんはどういったタイプの自転車にお乗りなのだとうか?
また、どういった自転車をお探しなんだろうか。ロード、マウンテン、クロス、はたまた子ども用の自転車かもしれませんが。
すこし気になったのが、最近少し話題になっている自転車は車道を走るべきか、歩道を走るべきか。
自転車と人間の歩くスピードから考えるとと歩道を走る自転車は歩行者から見たら大変危険であり、邪魔な存在だろう。
また、車からすれば車道を走る自転車とはこれまた危険であり邪魔である。
では我々サイクリストの立場から言わせていただけば、やはり自転車は車道を走るのが安全の様に感じております。
確かに最近の自転車ブームがあるのかもしれませんが、マナーが悪い人もいなくはないので、
車からしたら、危なっかしくて怖い存在となってしまっている自転車ではあるが、
同じ方向を向いた自転車と車となれば少しの注意で何とかなるような気がいたしますが、
エコだの温暖化などといって自転車がブームになってきたのだから、自転車専用ラインが普通にある
世の中に早くなって欲しいと思っている筆者でした。
自動車旅行

クロスバイク

あさひの自転車でも取り扱ってみえる自転車で
クロスバイクというものがあります。
折りたたみの自転車もありますね。

自転車をトランクに入れて運べるというメリットで
最近はかなりの人気があるようです。
また、色々なメーカーからも登場しておりますので、
一度、覗いてみてもいいでしょう。

ロードバイクとMTBの中間に位置し、両方の利点を取り入れたのがこのクロスバイクである。
一般的には、軽量で強度のあるフレームとコンパクトなフラットバーハンドルを使用、
タイヤの太さが25mm-38mm程度の自転車のことをクロスバイクと呼ぶ。
狭義ではMTBの駆動系(ブレーキ、変速機など)に26インチか700Cサイズのタイヤを組みあわせて
より整地走行に適応させた車種といえる。 通勤にも向いている点でブームともなっている。

フレーム設計ではオンロードに向けた、ほどほどの強度と軽めのフレームとしている。
現在ではクロスバイク専用設計の駆動系部品やフレームを各社開発している。

これと似た車種で、ロードレーサーにフラットバーを取り付けたものをフラットバーロードと呼んでいたが、
現在ではこれも専用設計のフレームの自転車が販売されている。
スピードクロスバイクと呼ばれる。

筆者もこのタイプのバイクを狙っている。
購入できたらまた記事をアップいたします。

そして今回はちょっと気になることですが、
あのネットで販売されているけどサイズがわかりにくい時ってありませんか?

ちょっと下記に記しておきますので、覚えておいて損はないと思います。

まずはメーカーによって表記の違うもので困るのが、
インチ表示とmm表示ですよね。
1インチ=25.4mmになります。
そしてサイズですが、今回はフレームサイズを表します
身長 〜155cmの場合は XS 又は 〜340mm 又は 〜13インチ
 〜160cmの場合は  S 又は 〜390mm 又は 〜15インチ
 〜175cmの場合は  M 又は 〜440mm 又は 〜17インチ
 〜185cmの場合は  L 又は 〜490mm 又は 〜19インチ
 185cm〜の場合は XL 又は 500mm〜 又は 20インチ〜    

以上を目安にしてみてください。
しかし、やっぱり近場の店舗でサイズを確認することをお勧めいたします。
何かあった時なんかは全体に助かりますので・・・

そう考えるとあさひの自転車なんかはお勧めかも???

ロードレーサー

今回はロードレーサーをピックアップ
あの車と併走してもかなりのスピードがでるタイプです。
車の運転中だとあぶないなと感じて抜こうとしても
ちょっとしたらまた信号待ちなんかで抜かれちゃいますが(笑い)

こちらはかなりのマニアの方たちが、パーツを変更したり、
組み上げておられる方がみえますが、
今回は少しピックアップしていきますね。

コンフォート系ロードレーサー
ロードレースが盛んな西欧とは異なり、
米国ではレースには参加しないロードレーサー愛好家の割合が高く、
そうした層を中心に過度に攻撃的ではなく、
肩の力を抜いて乗れるロードレーサーを求める声が高まっている(TREK社のPilot等)。
また、「パリ-ブレスト-パリ・ランドヌール」を頂点とする
ブルベやホノルル・センチュリーライドのような
長距離サイクリングイベント(レースではなく、完走を重視される)の人気が高まっており、
そうした声を背景に各メーカーがコンフォート系と称するロードレーサーを発売し、人気を博している。

このコンフォート系ロードレーサーの特徴はホイールベースが長く乗り心地が楽なフレームや
高い位置のハンドル、コンパクトクランクの装備など、レース性能よりも、乗り心地を優先したものが多い。
また初心者には抵抗があるドロップハンドルを
MTBと同じフラットバーにしたフラットバーロードも多く登場しており、
一定の市場を形成しつつある。

確かにあのドロップハンドルは筆者には抵抗がありますが、
あの風の様なスピードで駆け巡る爽快感はすっごくうらやましいですね。

最近の自転車ブーム?で中高年の方がよく夫婦でお乗りになっているのも
見かけるようになりましたが、素敵だと思いませんか?


有名所のメーカーの情報

今回は自転車のあさひでも扱ってみえる
マウンテンバイクのメーカーを少しピックアップいたします。

ピックアップしたもの以外にもありますので、
ちょこっとした情報と捕らえてください。

ま〜マウンテンバイクだけのメーカーは少ないので
自転車メーカーのピックアップとしていきましょう。

ルイガノ、ジャイアント、スペシャライズド、ブリヂストンなんかが
有名所ではないでしょうか?ちょとっこ情報を入れていきますね。

まずルイガノですが、魅力はやはりデザインなのかな?
筆者の私見になりますのでお許しください。
でも知ってました。
ルイガノってカナダに拠点を置く自転車用アパレルメーカーであることを。
日本ではアパレルよりもスポーツサイクルメーカーとしての知名度が高いが、
これは日本の商社が台湾で製造した自転車をルイガノブランドで販売した影響による。

続いてジャイアント
ジャイアントの自転車は価格面からもラインナップが豊富で
初心者からでも手に入れやすいメーカーとしても人気があります。

1972年に台湾で設立された自転車製造メーカー。
主要な生産物は中・低価格帯のマウンテンバイク、
クロスバイク、ロードレーサーで、
その他にもレース用自転車や折り畳み自転車など様々な自転車を開発・生産・販売している。
また松下電器、フォード、ルノーと共同で電動アシスト自転車の開発にも携わった。

1980年に台湾第一位の自転車メーカーとなって以降、
1986年にはヨーロッパ、1987年にはアメリカに進出。
1989年から日本法人も構える。生産された自転車のほとんどは国外輸出向けで、
他社のODM、OEM生産も積極的に携わっている。

スペシャライズド
アメリカ合衆国カリフォルニア州の自転車関連問屋である。
1974年にマイク・シンヤードにより設立された。
1981年には世界初となる量産型マウンテンバイク「スタンプジャンパー」の販売を開始している。
当時のスタンプジャンパーは日本の新家工業によるOEM生産で、
その後も日本メーカーによる高品質なスチールフレームは高い人気を博した。
ロード用モデルも評価が高く、最近ではツール・ド・フランス参戦チームにも採用されている。

元々は「自転車部品用品問屋」であり、
自ら手を加えた「スペシャル」な部品などをリリースしていた。
日本でも問屋ブランドの自転車や用品があるが、それと同じである。
過去現在に至って「自転車メーカー」であったことはなく、あくまでも「企画屋」である。

これは知りませんでした。このスペシャライズドがMTB人気の火付け役だったようです。

お馴染みブリヂストン
親会社・日本タイヤ(現・ブリヂストン)から自転車部門を分離・独立して
「ブリヂストン自転車株式会社」として設立された。

独自のベルトドライブシステム(1982年開発 1987年全国発明特別賞受賞)、
オーダーメイド自転車の生産(1988年)、また暗所でライトが自動点灯する「点灯虫」(1991年)、
後輪錠とハンドルのダブルロックシステム「一発二錠」(2003年)など
独自のシステムを多用した自転車を多数開発している。

親会社はタイヤメーカーであるが、自転車タイヤは製造していない。
ブリヂストン銘柄の自転車タイヤはIRCや正新などのメーカーがOEMしている。

なんだって。なんだかこうして見て見ると
なんだかな〜と感じてしまうのは筆者だけだろうか???


マウンテンバイク

あさひの自転車ですが、色々なパターンの自転車があります。
今回はマウンテンバイクをピックアップします。

私も昔、マウンテンバイクがはやりだした頃というと
なんだか年がばれそうですが、乗っておりました。
車にキャリーを積んでキャンプに持っていったりしました。

今現在はどうなったかはご想像にお任せいたしまして、

ではマウンテンバイクと は山岳地帯などにおける急坂降下(ダウンヒル:DH)、
段差越えなどを含む広範囲の乗用に対応して、
軽量化並びに耐衝撃性、衝撃吸収、
走行性能および乗車姿勢の自由度等の向上を図った構造の自転車のこと。

などとありますが、今ではよく見かけるタイプですので、
これといって説明は不要かとおもいましたが、
以上のように載っておりました。

よくディスカウント店なんかで安く売られているものは、
デザインだけが似ていますが、マウンテンバイクもどきとも言いますよ。

また、マウンテンバイクが持つ無骨なスタイルだけを模倣して
実際には悪路走破するだけの耐久性を持ち合わせていないMTB似の自転車が
日本では流通している。このような自転車は『MTB類型車(通称:ルック車)』と呼ばれる。
MTB類型車は強度・ブレーキ性能・耐久性・重量等の様々な性能面で
MTBとは比較にならない程劣り、MTB類型車で山道を走行する事は危険であるので注意を要する。
MTB類型車でないかどうかはある程度自転車部品に対する知識があれば
使用されている駆動部品などで容易に識別できる。市街地で普通に見かける、
MTBのような形の自転車の大部分は、実はこのMTB類型車である。

ルック車ではタウンヒルなんかすると恐ろしいことになりますので、
あくまでも市街地でサイクリング程度と考えて間違いありません。

最近家の近くにも

あさひの自転車なんですが、
最近筆者の近くにも店舗を構えております。

関西を中心に発展していったようですが、いまではぞくぞくと
店舗拡大をしてみえるようです。

関西では大阪、京都、姫路を始め
中部では名古屋や、三重など関東にいたっては
埼玉や横浜など各地に広がっているようです。

いまや日本の自転車小売業界でNo1の地位を確立しつつある
あさひの自転車店ですが、店舗販売とネット販売という二つの分野で
革新的なビジネス展開されております。

以上は公式ページより抜粋させていただきました。

確かに、自転車が最近は見直されておりますね。
ガソリンなどの燃料費の高沸とまた、健康などの面からも
自転車が注目を集め、また、電動自転車などの誕生からも
注目されるようになったのでしょう。

健康ではウォーキングが流行しましたが、
ひざや足首に掛かる負担から悪くなる人が少なくないようです。
それに引き換え自転車ならその不安を除けるでしょう。

また、通勤に自転車を使うサラリーマンなどにも
ちょっと高価な自転車で颯爽とスーツ姿の方も見受けます。
そんな方たちをツーキニストなんてよんでいます。

自転車にも最近はいろいろなパターンといいますか
用途?に応じて選べるようになっておりますので、
順にピックアップしていきましょう。